読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日曜の午後、木曜の夕方

写真が趣味になりました

MacにChrome の兄弟ブラウザ、Ironを導入してみたが…

ガジェット、Lifehack…

インターネット上の個人情報をアメリカがスパイ行為をしていたというニュースが流れてしばらく経ちますが、皆さんは何か対策を取られているでしょうか。

対策といってもgoogleのサービスは便利なものばかりであるし、そもそもIT業界で大手ってほぼアメリカなので、どうすればいいのかわからんって人が大半であると思います。

自分の個人情報を守るための第一歩として、ブラウザを変えてみようかな、とokuraは思い立ちました。

おすすめのブラウザを紹介する前に私がいま利用しているブラウザをまとめてみると…

Mac:Google Chrome

iPhone:Sleipnir,Safari

iPad:Sleipnir,Safari

Thinkpad T61:Google Chrome

という感じです。chromeのシンプルさや拡張性のバランス、動作の軽さはほかのブラウザから群を抜いていると思います。MacのSleipnirはジェスチャーが使いづらいと思いますし、それ以外のブラウザを使う気にはなれません。

そ・こ・で!

chromeの快適性はそのままで、セキュリティにも配慮したブラウザを使おうじゃないか!という話になるわけです。

google chromechromiumという素のブラウザにいろんな機能をgoogleがつけて作ったブラウザです。chromiumは家具も何もない部屋だと思ってもらえればいいと思います。そこにgoogleは電源コンセントや水道なんかのような必要不可欠な設備を付け足していきます。動画をみる仕組みだったり、普段意識しない機能がこれにあたります。さらにgoogleは独自の機能も付け足します。検索した言葉をgoogleに送信する機能だったりがこれに当たるわけです。物件でいうとロフトがこれにあたるのかな…要するに要らない機能です^^;

chromiumから必要最低限の機能を付け足したブラウザ…。それが"Iron"です。

googleに個人情報を渡さないという人は使ってみればいいと思います。アイコンもカッコいいですし、使い勝手はchromeと同じです。要らない機能がないのでさらに高速化されているというメリットもあります。

ただ、現在Macにダウンロードするとなぜか起動することができません…修正版が出るまで待つか、古いバージョンをダウンロードしてみてください。